作成日
2005-07-03

Resume: 要約文を作成する AppleScript

OS 標準の機能を使って要約を作成します。

Resume って?

OS X に内蔵された要約機能を使って、テキストの要約を行います。日本語でも大丈夫らしいです。

コード

GNU General Public License で公開します。完全に無保証です。

sumText(2)
on sumText(x)
 set setStr to the clipboard as string
 set summarizedStr to (summarize setStr in x) as string
 display dialog "Summarize Level: " & (x as string) & return & return & summarizedStr buttons {"Clipboard", "-", "+"} default button 1
 if the button returned of the result is "Clipboard" then
  set the clipboard to the summarizedStr
 else if the button returned of the result is "-" then
  sumText(x - 1)
 else if the button returned of the result is "+" then
  sumText(x + 1)
 end if
end sumText

このコードの最新版は trunk 内にあります。

使い方

スクリプトエディタにスクリプトをペーストして、(バンドル)アプリケーションとして保存しておいてください。

まず、テキストをコピーします。テキストエディタや Web ブラウザ上で要約したい文章を選択してコピーしてください。

続いて、Resume を起動します。すると、引用が表示されます。

要約文

Clipboard を選択すると、要約文をクリップボードにコピーして終了します。- を選択すると、要約レベルを1減らして、再度クリップボードの内容から要約を試みます。+ を選択すると、要約レベルを1増加して、再度クリップボードの内容から要約を試みます。

今後の課題

おまけ: 日本語を要約してみた

Resume を使って日本語を要約してみた。普通の文章を使ってもつまらないので、芥川龍之介とか太宰治の文章を使った。要約レベルはいずれも2とした。

結論: 小説を自動要約してはいけない。